コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小柳司気太 オヤナギシゲタ

デジタル大辞泉の解説

おやなぎ‐しげた〔をやなぎ‐〕【小柳司気太】

[1870~1940]漢学者。新潟の生まれ。道教・老荘思想の研究家。学習院・大東文化学院教授。著「東洋思想の研究」、服部宇之吉との共著「詳解漢和大字典」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小柳司気太 こやなぎ-しきた

1870-1940 明治-昭和時代前期の中国哲学者。
明治3年3月11日生まれ。学習院,国学院大,慶大などの教授をへて,昭和15年大東文化学院学長。儒教,道教,仏教を研究した。昭和15年7月18日死去。71歳。越後(えちご)(新潟県)出身。帝国大学卒。旧姓は熊倉。著作に「道教概論」「東洋思想の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おやなぎしげた【小柳司気太】

1870~1940) 漢学者・道教研究家。新潟県生まれ。学習院教授。主著「東洋思想の研究」「老荘の思想と道教」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小柳司気太の関連キーワード大高坂芝山藤田 豊八主著老荘明治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android