小栗仁右衛門(読み)おぐり にえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗仁右衛門 おぐり-にえもん

1589-1661 江戸時代前期の武士,武術家。
天正(てんしょう)17年生まれ。徳川家康秀忠につかえて小姓組番士となる。柳生(やぎゅう)門下で,「鞠身(きくしん)」といわれる秘術で知られる小栗流和(やわら)術の祖。門人山鹿素行(やまが-そこう),朝比奈可長(よしなが)がいる。寛文元年6月6日死去。73歳。三河(愛知県)出身。名は正信(一説に信由)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android