コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗栖 オグルス

デジタル大辞泉の解説

おぐるす〔をぐるす〕【小栗栖】

京都市伏見区の地名。明智光秀が竹槍で刺殺された所。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おぐるす【小栗栖】

京都市伏見区東部の地名。1582年、敗走中の明智光秀が刺殺された所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小栗栖
おぐるす

京都市伏見(ふしみ)区東部の一地区。「おぐりす」ともいう。山科(やましな)盆地西縁の東山(ひがしやま)山地南東麓(ろく)にあたり、伏見から近江(おうみ)に向かう街道が通ずる。1582年(天正10)6月、山崎の合戦で豊臣(とよとみ)秀吉に敗れた明智光秀(あけちみつひで)が、近江の坂本城に逃れる途中、この地で土民の竹槍(たけやり)に刺されて最期を遂げた。その場所を明智藪(やぶ)と称していたが、いまでは宅地化されている。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小栗栖の言及

【栗栖野】より

…中世にも近郊の勝地として親しまれたらしく,洛北七野の一つとして萩の名所でもあった。なお洛東にも栗栖野の地名がみられ(伏見区小栗栖),よく両者は混同されるが北区のそれのほうがより著名であったようだ。【井上 満郎】。…

※「小栗栖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小栗栖の関連情報