小樽高商事件(読み)おたるこうしょうじけん

世界大百科事典 第2版「小樽高商事件」の解説

おたるこうしょうじけん【小樽高商事件】

1925年小樽高等商業学校(小樽商科大学)で起こった軍事教育反対運動。同年4月から中等学校以上の学校で軍事教練が開始された。10月15日,同校の教練で配属将校鈴木少佐が,近郊天狗山地震が起こり民情不安を機に無政府主義者が〈不逞鮮人〉を扇動して小樽,札幌両市の全滅を画策しているので高商生徒は在郷軍人会と協力して,このを絶滅すべしとの想定を与えた。これはの社会主義者や朝鮮人への敵対意識の現れであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android