詰問(読み)なじりとう

精選版 日本国語大辞典「詰問」の解説

なじり‐と・う ‥とふ【詰問】

〘他ハ四〙 相手の過失をとがめて聞きただす。強い態度で質する。問する。問いなじる。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「稜威(いつ)の嘖譲(ころひ)を発して、径(たた)に詰問(ナシリトヒ)たまひき」

きつ‐もん【詰問】

〘名〙 相手のを責めながらきびしく問いつめること。
※家忠日記‐慶長七年(1602)七月「是を生て、詰問する所に」 〔漢書‐王嘉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「詰問」の解説

きつ‐もん【詰問】

[名](スル)相手を責めて厳しく問いただすこと。「遅延の理由を詰問する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android