コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小洞燕 ショウドウツバメ

デジタル大辞泉の解説

しょうどう‐つばめ〔セウドウ‐〕【小洞×燕】

スズメ目ツバメ科の鳥。スズメより小形。背は褐色、腹は白く、胸に茶色い帯がある。ほぼ世界中に分布。日本では夏鳥で、北海道でがけに巣穴を掘って繁殖する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうどうつばめ【小洞燕】

スズメ目ツバメ科の鳥。普通のツバメより小さく、背面は灰褐色、腹面は白く、胸に褐色帯がある。ユーラシア中北部・北アメリカに広く分布。日本では夏鳥として、北海道の砂地の崖がけに穴を掘って集団で繁殖し、冬は中国南部・東南アジアに渡る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小洞燕の関連情報