小田代原(読み)おだしろがはら

百科事典マイペディアの解説

小田代原【おだしろがはら】

栃木県日光市,戦場ヶ原の西に隣接する湿原。同様に形成された戦場ヶ原はすでに乾燥して草原化しているが,こちらは現在徐々に草原化が進みつつある段階で,貴重なミズナラやカラマツの保護林をはじめとした植生の推移に注目が集まっている。シカの食害が問題化しており,電気柵などを設けて保護が行われている。湯ノ湖,戦場ヶ原とともに〈奥日光の湿原〉として2005年11月,ラムサール条約登録湿地となる。
→関連項目ラムサール条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小田代原の関連情報