コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦場ヶ原 せんじょうがはら

7件 の用語解説(戦場ヶ原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦場ヶ原
せんじょうがはら

栃木県西部,中禅寺湖の北にある高層湿原。標高約 1400m。面積約 9km2男体山の噴出溶岩で,湯ノ湖に発する旧湯川がせきとめられて生じた浅い湖が陸化したもので,南東部の赤沼はその名残り。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんじょう‐が‐はら〔センヂヤウ‐〕【戦場ヶ原】

栃木県日光市、男体山の西麓にある乾燥湿原。湿地植物の特異な景観を呈する。名は、男体山の主の大蛇と赤城山の主の大百足(むかで)とが戦ったという伝説による。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

戦場ヶ原【せんじょうがはら】

栃木県日光市,日光国立公園中の高原。中禅寺湖の北,男体山の西に広がり,標高1400m。湿原が乾燥し草原化したもので,湿原植物,高山植物,鳥類に富み,紅葉が特に美しい。
→関連項目奥日光小田代原湿原ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんじょうがはら【戦場ヶ原】

栃木県日光市,中禅寺湖の北に広がる標高約1400mの乾燥湿原。男体(なんたい)山,大真名子(おおまなご)山,太郎山,三岳,高山などに囲まれた盆地の主部を占め,高層湿原の区域は,日光国立公園の特別保護区域に指定されている。男体山の火山活動終期に噴出した軽石流堆積物を湖盆とする古戦場ヶ原湖が,主として北西山地からの土砂によって埋め立てられてできた。現在は赤沼などに湖のなごりをとどめるだけで,湿原も狭まりつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんじょうがはら【戦場ヶ原】

栃木県日光市、男体山西麓にある海抜1400メートル 前後の乾燥湿原。男体山の主の大蛇と赤城山の主の大百足むかでが戦った地という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕戦場ヶ原(せんじょうがはら)


栃木県日光(にっこう)市、男体(なんたい)山(標高2486m)西麓(せいろく)に広がる高原。草原化が進行しているが、湯川東岸に湿原が残る。標高約1400m。男体山の溶岩流で生じた堰止湖(せきとめこ)が陸化、乾燥したもの。湿原部分は日光国立公園の特別保護区域。延長約6kmの自然研究路が通じる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦場ヶ原
せんじょうがはら

栃木県日光市、中禅寺湖北方に位置する湿原を含む高原。男体(なんたい)山など四囲山を巡らす盆地床に戦場ヶ原はある。その面積はおよそ4.4平方キロメートル。標高約1400メートルは中禅寺湖より130メートルも高い。もとは水をたたえる湖であったが、男体山(2486メートル)や太郎山(2368メートル)などの山腹の侵食による土砂がこれを埋め尽くし、いまは干上がり、水面は三本松南の赤沼に降雨後などに限ってみられるにすぎない。しかし、湿原が国道120号と湯川との間の平坦(へいたん)地に広がり、日光国立公園の特別保護区域に指定されている。高層湿原にはオオアゼスゲ、ワタスゲなどが谷地坊主(やちぼうず)をつくり、ヌマガヤ、ミズゴケ、モウセンゴケなどの湿地植物が特異な景観をみせており、ホザキシモツケがこれを取り囲む。自然研究路が湯川べりにカラマツの林を縫い、湿原を木道で渡って湯滝と竜頭滝(りゅうずのたき)を結んでいる。日光と沼田を結ぶ国道120号が原を縦断する。戦場ヶ原の地名は、男体山神の大蛇と赤城(あかぎ)山神の大ムカデがここで領地をめぐって争ったとする伝説にちなむという。中宮祠(ちゅうぐうし)から赤沼までバスで15分。なお、戦場ヶ原は「奥日光の湿原」の一部として2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となった。[平山光衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦場ヶ原の関連キーワード栃木県日光市柄倉栃木県日光市清滝栃木県日光市七里栃木県日光市瀬川栃木県日光市瀬尾栃木県日光市中宮祠栃木県日光市所野栃木県日光市日光栃木県日光市野門栃木県日光市山口

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戦場ヶ原の関連情報