小田又蔵(読み)おだ またぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田又蔵 おだ-またぞう

1804-1870 幕末の洋学者。
文化元年10月4日生まれ。幕府の蕃書(ばんしょ)翻訳御用をつとめる。オランダから献上された電信機の取り扱いを研究・実験し,安政2年「和蘭(オランダ)貢献電信機実験顛末(てんまつ)書」をあらわした。明治3年1月14日死去。67歳。信濃(しなの)(長野県)出身。名は信童。通称は和三郎。号は鉄斎,鉄叟。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android