コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田又蔵 おだ またぞう

1件 の用語解説(小田又蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田又蔵 おだ-またぞう

1804-1870 幕末の洋学者。
文化元年10月4日生まれ。幕府の蕃書(ばんしょ)翻訳御用をつとめる。オランダから献上された電信機の取り扱いを研究・実験し,安政2年「和蘭(オランダ)貢献電信機実験顛末(てんまつ)書」をあらわした。明治3年1月14日死去。67歳。信濃(しなの)(長野県)出身。名は信童。通称は和三郎。号は鉄斎,鉄叟。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小田又蔵の関連キーワード文化奈破崙岩井半四郎ナポレオン長谷川宗右衛門アメリカ美術製糸業日本科学史天竺徳兵衛プチャーチン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone