コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田又蔵 おだ またぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田又蔵 おだ-またぞう

1804-1870 幕末の洋学者。
文化元年10月4日生まれ。幕府の蕃書(ばんしょ)翻訳御用をつとめる。オランダから献上された電信機の取り扱いを研究・実験し,安政2年「和蘭(オランダ)貢献電信機実験顛末(てんまつ)書」をあらわした。明治3年1月14日死去。67歳。信濃(しなの)(長野県)出身。名は信童。通称は和三郎。号は鉄斎,鉄叟。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小田又蔵の関連キーワード廃絶録恩栄録

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android