小田巻蒸し(読み)おだまきむし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うどんを用いる蒸し物料理。茶碗(ちゃわん)にうどん、かまぼこ、ぎんなん、百合根(ゆりね)、アナゴの蒲(かば)焼き(または鳥肉)を入れ、澄まし汁で生卵を3倍半くらいにのばしたものを加え、蒸し器で蒸す。茶碗蒸しにうどんが加わったものである。かつてそばの専門店では独特の作り方を誇りとしていた。小田巻は糸繰りの意もあり、味がいいので繰り返し食べにくる意の命名であるという。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android