コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田村鄜山 おだむら ろくざん

1件 の用語解説(小田村鄜山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田村鄜山 おだむら-ろくざん

1703-1766 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)16年生まれ。河野養哲に,のち長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩校明倫館で山県周南にまなぶ。享保10年から江戸で荻生徂徠(おぎゅう-そらい)に師事。帰藩後,藩校でおしえ,都下大先生とよばれた。明和3年8月23日死去。64歳。本姓は山本。名は公望。字(あざな)は望之。通称は文甫,文助,伊助。別号に鹿門。号は「ふざん」とも。著作に「鄜山集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小田村鄜山の関連キーワード浮世草子中興俳諧明和事件義太夫節小野寺十内竹本座島精機製作所鳥辺山ドルトン明和事件

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone