コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田村鄜山 おだむら ろくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田村鄜山 おだむら-ろくざん

1703-1766 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)16年生まれ。河野養哲に,のち長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩校明倫館で山県周南にまなぶ。享保10年から江戸で荻生徂徠(おぎゅう-そらい)に師事。帰藩後,藩校でおしえ,都下大先生とよばれた。明和3年8月23日死去。64歳。本姓は山本。名は公望。字(あざな)は望之。通称は文甫,文助,伊助。別号に鹿門。号は「ふざん」とも。著作に「鄜山集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小田村鄜山の関連キーワード小田村藍田儒者

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android