コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野養哲 かわのようてつ

2件 の用語解説(河野養哲の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

河野養哲

 江戸時代に越氏塾[えっしじゅく]を開いた人です。もともとは御船手組[おふなてぐみ]の1人だったのですが、やめてしまい、医者になりました。医者をしながら塾を開き、亡くなるまで、多くの人を教育していたようです。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野養哲 こうの-ようてつ

1661-1727 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文元年生まれ。周防(すおう)(山口県)三田尻の人。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の船手役人をつとめていたが,学問をこころざして医師となる。のち自宅に私塾をひらいた。享保(きょうほう)12年9月27日死去。67歳。私塾は遺言で藩に献上され,越氏(えっし)塾とよばれて藩校明倫館の付属校となった。名は通文。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

河野養哲の関連キーワード定道県外見兼門川勝雲堂国次(2)(3代)香田正宣小道三奈良利治古市南軒望月雷山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone