コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原信之 おがさわら のぶゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原信之 おがさわら-のぶゆき

1570-1614 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
元亀(げんき)元年生まれ。酒井忠次の3男。天正(てんしょう)16年徳川家康の命により小笠原信嶺(のぶみね)の養子となり,武蔵(むさし)本庄(ほんじょう)(埼玉県)の領主となる。慶長5年会津(あいづ)攻めや関ケ原の戦いでは徳川秀忠にしたがって各地を転戦。17年下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)藩主小笠原家初代。2万石。慶長19年4月26日死去。45歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原信之の関連キーワード小笠原政信演劇桃の実古河藩

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android