コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原克 おがさわら まさる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原克 おがさわら-まさる

1931-1999 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和6年9月3日生まれ。36年藤女子大教授。37年「私小説論の成立をめぐって」で群像新人文学賞をうける。同年より「位置」を主宰,43年「北方文芸」創刊,北海道文学研究をすすめた。平成11年12月9日死去。68歳。北海道出身。北大卒。筆名は大炊絶(おおい-ぜつ)。著作に「島木健作」「昭和文学史論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小笠原克の関連キーワード蟹工船(小林多喜二の小説)石狩川(本庄陸男の小説)小林多喜二党生活者更科源蔵鶴田知也

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android