コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原政信 おがさわら まさのぶ

1件 の用語解説(小笠原政信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原政信 おがさわら-まさのぶ

1607-1640 江戸時代前期の大名。
慶長12年生まれ。小笠原信之(のぶゆき)の長男。慶長19年下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)藩主小笠原家2代となる。大坂の陣に出陣。元和(げんな)3年日光東照宮の社殿が竣工し,徳川秀忠が社参の際,古河城で饗応する。5年下総関宿(せきやど)(千葉県)へ転封(てんぽう)となった。2万2700石。寛永17年7月2日死去。34歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原政信の関連キーワードキリシタンブラガンサ朝ピューリタン革命エキュジョアン[4世]ルーベンスの家駒ヶ岳(北海道)フランス演劇竜造寺政家駿府城

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone