コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原東陽 おがさわら とうよう

1件 の用語解説(小笠原東陽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原東陽 おがさわら-とうよう

1830-1887 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)元年生まれ。昌平黌(しょうへいこう)で佐藤一斎,安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなぶ。のち林鶯渓(おうけい)に師事し,その万潢塾の塾長となる。文久元年安房(あわ)(千葉県)勝山藩の江戸藩邸学問所の副督学。維新後,神奈川師範訓導などをへて,同県羽鳥(はとり)村に家塾読書院をひらいた。明治20年8月12日死去。58歳。名は黄。通称は鉄四郎。別号に半漁。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原東陽の関連キーワード民衆を導く自由の女神東京芸術大学120周年雑誌シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone