コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原登 おがさわら のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原登 おがさわら-のぼる

1888-1970 昭和時代の医師。
明治21年7月10日生まれ。実家は浄土真宗円周寺。母校京都帝大でハンセン病の研究・治療にあたり,昭和16年同大助教授。ハンセン菌は伝染力がよわく,発病には感染よりも体質を重視すべきだと主張,強制隔離,断種に反対した。学会では否定されたが,現在ではその先見性が評価されている。昭和45年12月12日死去。82歳。愛知県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原登の関連キーワード小笠原 登昭和時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小笠原登の関連情報