コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原登 おがさわら のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原登 おがさわら-のぼる

1888-1970 昭和時代の医師。
明治21年7月10日生まれ。実家は浄土真宗円周寺。母校京都帝大でハンセン病の研究・治療にあたり,昭和16年同大助教授。ハンセン菌は伝染力がよわく,発病には感染よりも体質を重視すべきだと主張,強制隔離,断種に反対した。学会では否定されたが,現在ではその先見性が評価されている。昭和45年12月12日死去。82歳。愛知県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小笠原登の関連キーワード小笠原 登昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android