コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原長基 おがさわら ながもと

2件 の用語解説(小笠原長基の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原長基 おがさわら-ながもと

1347-1407 南北朝-室町時代の武将。
貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年1月27日生まれ。小笠原政長の子。父のあとをつぎ,信濃(しなの)(長野県)守護となる。南朝方の諏訪氏としばしばたたかって圧迫。のち信濃守護が関東管領(かんれい)上杉朝房,斯波(しば)義種にうつると,村上氏ら国人と連合して斯波氏とたたかう。応永14年10月6日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小笠原長基

没年:応永14.10.6(1407.11.5)
生年:貞和3/正平2.1.27(1347.3.9)
南北朝時代の武将。政長の子。信濃(長野県)守護。文和4/正平10(1355)年,貞治4/正平20年,貞治5/正平21年と南朝方の諏訪氏と戦い,南朝に圧力をかけた。貞治4/正平20年には信濃は鎌倉公方足利基氏の管轄下にあり,まもなく上杉朝房が守護となっているが,嘉慶1/元中4(1387)年に長基が善光寺平で北信濃の国人と共に当時の信濃守護斯波義種の軍と戦っていることから,いまだ小笠原氏がある程度の軍事指揮権を維持していたことがわかる。長基は信濃の地に根を下ろし,国人を統合するようになっていたものと思われる。

(笹本正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小笠原長基の関連キーワード成俊伊賀兼長伊作宗久上杉朝定(1)上杉朝房小笠原清宗香坂高宗諏訪頼重(1)南部信政村上信貞

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone