小笠原政長(読み)おがさわら まさなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原政長 おがさわら-まさなが

1319-1365 南北朝時代の武将。
元応元年7月11日生まれ。小笠原貞宗の長男。足利尊氏につかえ,信濃(しなの)守護となり飛騨(ひだ),越中,遠江(とおとうみ)を管領した。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では尊氏-直義(ただよし)-尊氏方とうつる。父より弓馬兵法の秘伝をうけ,京都の武者所につかえた。貞治(じょうじ)4=正平(しょうへい)20年3月21日死去。47歳。幼名は豊松丸。通称は孫次郎。著作に「軍術兵用記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

小笠原政長 (おがさわらまさなが)

生年月日:1319年7月11日
南北朝時代の武将
1365年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android