小笠原長重(読み)おがさわら ながしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原長重 おがさわら-ながしげ

1650-1732 江戸時代前期-中期の大名。
慶安3年5月7日生まれ。小笠原長矩(ながのり)の次男。兄長祐(ながすけ)の養子となり,元禄(げんろく)3年三河(愛知県)吉田藩主。奏者番兼寺社奉行,京都所司代などをへて10年老中。同年武蔵(むさし)岩槻(いわつき)藩(埼玉県)藩主小笠原家初代となる。6万石。享保(きょうほう)17年8月1日死去。83歳。初名は長好。通称は兵助。官職名は佐渡守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

小笠原長重 (おがさわらながしげ)

生年月日:1650年5月7日
江戸時代中期の大名;老中
1732年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android