コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小西作太郎 こにし さくたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小西作太郎 こにし-さくたろう

1892-1985 大正-昭和時代の新聞人。
明治25年5月25日生まれ。大正10年大阪朝日新聞社にはいり,印刷局長,常務などを歴任。昭和16年扁平(へんぺい)活字を考案した。また三高在学中に中等学校野球の全国大会開催を進言,現在の全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)のきっかけをつくり,大正4年の第1回大会から審判委員をつとめた。昭和60年2月5日死去。92歳。京都出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小西作太郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小西作太郎の関連情報