コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊中 とよなか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊中
とよなか

香川県西部,三豊市西部の旧町域。三豊平野の中央に位置する。 1955年桑山村,比地大村,本山村,笠田村,上高野村の5村が合体して豊中村となり,1957年町制。 2006年高瀬町,山本町,三野町,詫間町,仁尾町,財田町の6町と合体して三豊市となる。西部に開析された溶岩台地の山地があるが,平野が広く,財田川とその支流の竿川,宮川の流域以外は水利に乏しいため,ため池は 150余もある。米,果樹,花卉栽培のほか,畜産も行なわれる。南部に四国八十八ヵ所第 70番札所本山寺があり,本堂は国宝,同寺の二王門と妙音寺の阿弥陀如来坐像はそれぞれ国の重要文化財に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とよなか【豊中】

大阪府中北部にある市。神崎川沿いはメリヤス・金属工業などが占め、東部の丘陵は住宅地区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊中
とよなか

香川県西部、三豊(みとよ)郡にあった旧町名(豊中町(ちょう))。現在は三豊市の中西部を占める一地区。1955年(昭和30)桑山(くわやま)、比地大(ひじだい)、笠田(かさだ)、上高野(かみだかの)、本山(もとやま)の5村が合併して、三豊郡の中央に位置することから豊中村となり、1957年町制施行。2006年(平成18)高瀬(たかせ)、山本(やまもと)、三野(みの)、詫間(たくま)、仁尾(にお)、財田(さいた)の6町と合併して市制施行、三豊市となる。JR予讃(よさん)線、国道11号が通じ、高松自動車道さぬき豊中インターチェンジがある。旧町域は西に七宝(しっぽう)山、東に眉山があり、中央部は財田川とその支流のつくる沖積平野である。平野部は水田地帯であったが、最近ではブロッコリーや果樹、花卉(かき)栽培などが増えている。とくに種タマネギ栽培は有名。山麓(さんろく)部ではビニル被覆によるブドウ栽培が拡大している。タマネギの種子は全国の約5割を生産するが、タマネギは降水で花粉が流れやすいため、梅雨時に降水の少ない当地の産業となったものである。四国八十八か所の第70番札所本山(もとやま)寺があり、本堂(観音堂)は国宝、仁王門は国の重要文化財に指定されている。[稲田道彦]
『『豊中町誌』(1979・豊中町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豊中の関連キーワード大阪府豊中市新千里南町大阪府豊中市刀根山元町大阪府豊中市石橋麻田町大阪府豊中市新千里西町大阪府豊中市新千里北町大阪府豊中市長興寺北大阪府豊中市服部寿町大阪府豊中市長興寺南大阪府豊中市曽根西町大阪府豊中市庄内東町大阪府豊中市栗ケ丘町大阪府豊中市服部西町大阪府豊中市曽根南町大阪府豊中市服部本町大阪府豊中市豊南町東大阪府豊中市豊南町南大阪府豊中市螢池北町大阪府豊中市螢池東町大阪府豊中市豊南町西大阪府豊中市東豊中町

豊中の関連情報