コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野光右衛門 おの みつえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野光右衛門 おの-みつえもん

1785-1858 江戸時代後期の暦算家。
天明5年1月24日生まれ。17歳で庄屋をつぎ,灌漑(かんがい)や荒田の開墾などに尽力し名字帯刀をゆるされる。谷東平に和算を,江戸で渋川景佑(かげすけ)に天文学をまなんだ。初歩の教科書にあたる「啓迪(けいてき)算法指南大成」をあらわした。安政5年10月17日死去。74歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。名は以正(ゆきまさ)。字(あざな)は子物。号は啓鑑亭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小野光右衛門の関連キーワード藤田助次郎金光大神

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android