小野光右衛門(読み)おの みつえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野光右衛門 おの-みつえもん

1785-1858 江戸時代後期の暦算家。
天明5年1月24日生まれ。17歳で庄屋をつぎ,灌漑(かんがい)や荒田の開墾などに尽力し名字帯刀をゆるされる。谷東平に和算を,江戸で渋川景佑(かげすけ)に天文学をまなんだ。初歩の教科書にあたる「啓迪(けいてき)算法指南大成」をあらわした。安政5年10月17日死去。74歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。名は以正(ゆきまさ)。字(あざな)は子物。号は啓鑑亭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android