コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野善兵衛 おの ぜんべえ

3件 の用語解説(小野善兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野善兵衛 おの-ぜんべえ

1782-1862* 江戸時代後期の商人。
天明2年1月生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)月夜野村のたばこ・繭仲買人。品質をたもつ梱包(こんぽう)法を考案して特産の沼田煙草(たばこ)の販路を拡大。また私財を投じて利根川,赤谷川に水難防止の石堤をきずく。天保(てんぽう)の大飢饉(ききん)では窮民救済につくした。文久元年12月10日死去。80歳。幼名は乙吉,のち要助。名は篤忠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野善兵衛

生年:生没年不詳
江戸後期の沼田藩(群馬県)の豪農商で慈善家。利根郡月夜野町生まれ。先代善兵衛の3男。幼名乙吉,長じて要助,字は篤忠,俳号左山。特産の沼田煙草を江戸へ出荷する荷主として活躍,回送中の変質防止のため俵装法を考案。繭商人としても成功した。また利根川,赤谷川筋に水難防止の石堤を築き,架橋,道路開設,利根川通船にも貢献した。さらに天保飢饉に際しては私財をもって近隣27カ村の窮民を救済し,沼田藩から藩士待遇,16人扶持を与えられ,御用達頭取に任ぜられた。<参考文献>『利根郡誌』,『上野人物誌』(復刻,1973)

(井上定幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野善兵衛
おのぜんべえ
(1782―1861)

江戸後期の在方豪商。上野(こうずけ)国利根(とね)郡月夜野(つきよの)(群馬県みなかみ町)生まれ。幼名乙吉、のち要助、諱(いみな)は篤忠、襲名して善兵衛と称した。先代からの農商を継いで家産をおこし、とくに近郷の特産品である沼田煙草(たばこ)の集荷販売を扱い、俵装にくふうを加えて江戸市中にその声価を高めた。そのほか雑穀類、繭なども手広く扱い、沼田藩御用達頭取(とうどり)に任ぜられ、十六人扶持(ぶち)を与えられた。居村の築堤、架橋に私費を投じ、利根川通船にも貢献、さらに天保(てんぽう)の飢饉(ききん)の救済など郷党のために尽くした。[山田武麿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野善兵衛の関連キーワード沼田石田源右衛門真田熊之助土岐定富土岐定吉土岐頼功土岐頼布土岐頼寛土岐頼寧藤川近義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone