コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤谷川 あかやがわ

2件 の用語解説(赤谷川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤谷川
あかやがわ

群馬県北部,谷川連峰の万太郎山と仙ノ倉山を水源とする利根川の支流。全長 30km。南東に流下して後閑利根川に合流。沿岸には河岸段丘が発達。利根川特定地域総合開発に基づき,1959年に支流西川との合流点に相俣ダムが完成,赤谷湖ができた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤谷川
あかやがわ

群馬県北部を流れる川。利根(とね)川の支流。三国(みくに)山脈に源を発して南流し、猿ヶ京(さるがきょう)で西(にし)川をあわせて南東流し、黒岩渓谷の景勝地を経て、みなかみ町月夜野(つきよの)で利根川に合流する。延長30キロメートル。川筋の大部分は旧三国街道で、猿ヶ京には関所跡があり、現在は新潟へ通じる国道17号の通路。1958年(昭和33)猿ヶ京の合流点に多目的の相俣(あいまた)ダムができて、標高540メートル、面積0.98平方キロメートルの赤谷湖が出現し、笹ノ湯(ささのゆ)温泉を含む29戸と小・中学校、田畑、山林が水没した。湖岸の近代的様式の猿ヶ京温泉は、水没温泉の移転を基礎に発展した観光地で風景がよい。沿岸の下新田(しもしんでん)は塩原太助の出身地で、生家跡と記念公園があり、また川古(かわふる)、法師(ほうし)、湯宿(ゆじゅく)の各温泉もある。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤谷川の関連キーワード仙ノ倉山三国山脈一ノ倉沢谷川温泉From AQUA群馬県北群馬郡吉岡町北下群馬県高崎市倉渕町三ノ倉群馬県北群馬郡榛東村長岡谷川連峰万太郎山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤谷川の関連情報