コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野寺丹 おのでら たん

美術人名辞典の解説

小野寺丹

江戸前期の歌人。播磨生。小野寺十内の妻。元禄16年(1703)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野寺丹 おのでら-たん

?-1703 江戸時代前期,小野寺十内(じゅうない)の妻。
赤穂(あこう)浪士の吉良邸討ち入りにくわわった夫十内,養子幸右衛門(こうえもん)が切腹したときき,京都西方寺に墓を建立。食をたって元禄(げんろく)16年6月18日死んだ。播磨(はりま)(兵庫県)出身。
【格言など】夫(つま)や子の待つらんものを急がまし何かこの世に思ひ置くべき(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone