コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野広胖 おの こうはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野広胖 おの-こうはん

1817-1898 幕末-明治時代の測量家,数学者。
文化14年10月23日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩士,のち幕臣。長崎海軍伝習所でオランダ人より西洋数学をまなび,幕府の軍艦教授所教授となる。安政7年咸臨(かんりん)丸の筆頭測量方として渡米。維新後は鉄道測量などに従事した。明治31年10月29日死去。82歳。本姓は小守。通称は友五郎。号は東山。著作に「江都海防真論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野広胖
おのこうはん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小野広胖の関連キーワード甲斐広永明治時代谷義信

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android