コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小錦八十吉(2代) こにしき やそきち

1件 の用語解説(小錦八十吉(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小錦八十吉(2代) こにしき-やそきち

1963- 昭和後期-平成時代の力士,タレント。
1963年12月30日アメリカハワイ州生まれ。高見山(東関親方)にみいだされ,昭和57年高砂部屋へ入門。アメリカンフットボール仕込みの突き押しで,初土俵から13場所で59年入幕。62年外国人初の大関となる。270kgをこえる巨体をいかして優勝3回。平成5年大関陥落。9年引退し,年寄佐ノ山を襲名。10年タレントとなり,KONISHIKIを名のる。平成6年日本国籍を取得。ハワイ州出身。本名は塩田八十吉。旧名はサレバ=アティサノエ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小錦八十吉(2代)の関連キーワード北九州(市)朝鮮映画剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生池田勇人内閣冤罪十月事件東映(株)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone