小閑・少閑(読み)しょうかん

精選版 日本国語大辞典「小閑・少閑」の解説

しょう‐かん セウ‥【小閑・少閑】

〘名〙 わずかなひま。すこしばかりのひま。寸暇小暇
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五「小閑を得て一巻のセキスピヤ〈〉を読み」 〔謝荘‐与江夏王牋〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android