コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寸暇 スンカ

デジタル大辞泉の解説

すん‐か【寸暇】

ほんの少しのあき時間。「寸暇を惜しんで勉強する」
[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、「わずかの時間も無駄にしない様子」を表現するとき、本来の言い方とされる「暇を惜しんで」を使う人が28.1パーセント、本来の言い方ではない「寸暇を惜しまず」を使う人が57.2パーセントという逆転した結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すんか【寸暇】

わずかの暇。 「 -を惜しんで研究する」 「 -を盗んで登山をする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寸暇の関連キーワード少年老い易く学成り難し寸暇を惜しまず惜しむ・愛しむ寸間・寸閑坂口安吾馬高遺跡野上文代惜しむ伴信友登山寸隙補説物遠小暇僧樸

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寸暇の関連情報