(読み)イトマ

デジタル大辞泉「暇」の解説

いと‐ま【暇/×遑】

《「いと」は「いとなし」の「いと」で休みの時、「ま」は間の意》
用事のない時間。ひま。「休む—もない」
一時的に休むこと。休暇。「三日ほどのお—を乞う」
職務を離れること。辞職。また、解雇。ひま。「雇い主に—を願い出る」
離縁離婚。「妻に—を出す」
(多く「おいとまする」の形で用いる)別れて去ること。また、そのあいさつ。辞去。「—を告げる」「そろそろお—しよう」
喪に服すること。またそのために出仕しない期間。
「御—になり給ひぬれば、藤壺も夜さりまかで給ひ」〈宇津保・国譲上〉
ある物事をするのに空けることのできる時間。
「仮名文見給ふるは目の—いりて」〈・若菜上〉
すきま。ひま。
「谷風の吹き上げにたてる玉柳枝の—も見えぬ春かな」〈夫木・三〉
[類語]ひま空き閑暇小暇しょうか小閑しょうかん寸暇・寸閑・余暇よか

ひま【暇/閑】

[名]
継続する動作などの合間に生じるわずかの時間。「食事をする—もない」「—を見て外出する」
事をするための一定の時間。「—のかかる仕事」「手間—」
自由に使える時間。なすべきことの何もない時間。「—を持てあます」
休暇。休み。「一週間の—をいただく」
主従・夫婦などの関係を断つこと。縁を切ること。
[形動][文][ナリ]自由になる時間がふんだんにあるさま。なすべきことの何もないさま。「明日は—だ」「商売が—になる」「—な人」
[類語](3いとま閑暇かんか小暇しょうか小閑しょうかん寸暇・寸閑・余暇よか空き時間/(手明き用無し閑散無聊ぶりょう開店休業徒然つれづれ徒然とぜん手持ち無沙汰退屈所在ない持て余す寂寥せきりょう寂寞せきばく寂しい

か【暇】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [ひま いとま
〈カ〉仕事のない時間。仕事のあい間。「閑暇休暇賜暇小暇寸暇請暇余暇
〈ひま〉「暇人ひまじん手間暇てまひま

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「暇」の解説

いつ‐ま【暇】

〘名〙 「いとま(暇)」の上代の東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三二七「我が妻も絵にかきとらむ伊豆麻(イツマ)もが旅ゆくあれは見つつ偲はむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android