コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暇/遑 イトマ

3件 の用語解説(暇/遑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いと‐ま【暇/×遑】

《「いと」は「いとなし」の「いと」で休みの時、「ま」は間の意》
用事のない時間。ひま。「休む―もない」
一時的に休むこと。休暇。「三日ほどのお―を乞う」
職務を離れること。辞職。また、解雇。ひま。「雇い主に―を願い出る」
離縁。離婚。「妻に―を出す」
(多く「おいとまする」の形で用いる)別れて去ること。また、そのあいさつ。辞去。「―を告げる」「そろそろお―しよう」
喪に服すること。またそのために出仕しない期間。
「御―になり給ひぬれば、藤壺も夜さり罷(まか)で給ひ」〈宇津保・国譲上〉
ある物事をするのに空けることのできる時間。
「仮名文見給ふるは目の―いりて」〈・若菜上〉
すきま。ひま。
「谷風の吹き上げにたてる玉柳枝の―も見えぬ春かな」〈夫木・三〉

か【暇】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]ひま いとま
〈カ〉仕事のない時間。仕事のあい間。「閑暇休暇賜暇小暇寸暇請暇余暇
〈ひま〉「暇人(ひまじん)手間暇(てまひま)

ひま【暇/閑】

[名]
継続する動作などの合間に生じるわずかの時間。「食事をする―もない」「―を見て外出する」
事をするための一定の時間。「―のかかる仕事」「手間―」
自由に使える時間。なすべきことの何もない時間。「―を持てあます」
休暇。休み。「一週間の―をいただく」
主従・夫婦などの関係を断つこと。縁を切ること。
[形動][文][ナリ]自由になる時間がふんだんにあるさま。なすべきことの何もないさま。「明日は―だ」「商売が―になる」「―な人」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暇/遑の関連キーワードギガバイトKBメガバイトいとしもなし幼しグッドナイトよいとないとのきていとはんアスカナイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone