暇/遑(読み)イトマ

デジタル大辞泉の解説

いと‐ま【暇/×遑】

《「いと」は「いとなし」の「いと」で休みの時、「ま」は間の意》
用事のない時間。ひま。「休む―もない」
一時的に休むこと。休暇。「三日ほどのお―を乞う」
職務を離れること。辞職。また、解雇。ひま。「雇い主に―を願い出る」
離縁。離婚。「妻に―を出す」
(多く「おいとまする」の形で用いる)別れて去ること。また、そのあいさつ。辞去。「―を告げる」「そろそろお―しよう」
喪に服すること。またそのために出仕しない期間。
「御―になり給ひぬれば、藤壺も夜さり罷(まか)で給ひ」〈宇津保・国譲上〉
ある物事をするのに空けることのできる時間。
「仮名文見給ふるは目の―いりて」〈・若菜上〉
すきま。ひま。
「谷風の吹き上げにたてる玉柳枝の―も見えぬ春かな」〈夫木・三〉

か【暇】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]ひま いとま
〈カ〉仕事のない時間。仕事のあい間。「閑暇休暇賜暇小暇寸暇請暇余暇
〈ひま〉「暇人(ひまじん)手間暇(てまひま)

ひま【暇/閑】

[名]
継続する動作などの合間に生じるわずかの時間。「食事をする―もない」「―を見て外出する」
事をするための一定の時間。「―のかかる仕事」「手間―」
自由に使える時間。なすべきことの何もない時間。「―を持てあます」
休暇。休み。「一週間の―をいただく」
主従・夫婦などの関係を断つこと。縁を切ること。
[形動][文][ナリ]自由になる時間がふんだんにあるさま。なすべきことの何もないさま。「明日は―だ」「商売が―になる」「―な人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android