空き(読み)アキ

デジタル大辞泉「空き」の解説

あき【空き/明き】

物が詰まっていないこと。すきま。空間。余地余白。「本棚を置く―を作る」「行間の―を大きくとる」
欠員があること。「定員に二名の―がある」
ひま。「―の時間を利用して本を読む」
使っていないこと。「傘の―があったら貸してください」「―部屋」
[類語](1空間スペース中天空洞空虚から空っぽがら空きがらんどううつろうろ虚空もぬけの殻/(2漏れ落ち抜けけつ欠如欠損欠落欠員遺漏脱漏脱落欠漏疎漏間引き不備尻抜け抜かり手抜かり手落ち仕落ち/(3ひまいとま閑暇小暇しょうか小閑しょうかん寸暇・寸閑・余暇よか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android