コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空き/明き アキ

デジタル大辞泉の解説

あき【空き/明き】

物が詰まっていないこと。すきま。空間。余地。余白。「本棚を置く―を作る」「行間の―を大きくとる」
欠員があること。「定員に二名の―がある」
ひま。「―の時間を利用して本を読む」
使っていないこと。「の―があったら貸してください」「―部屋」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

空き/明きの関連キーワードセッションアットワンス下種の一寸のろまの三寸Opera USB待機児童と未入所児放課後子どもプランビーチコーミングラムチャージャーピンポン伝送方式アイドルタイムシャッター通りファイナライズリターナブル瓶コンパクションスワップアウトスカイパンチ雲ホールパンチ雲リターナブルスワップインライトワンスジャグバンド

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android