コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謝荘 しゃそうXie Zhuang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

謝荘
しゃそう
Xie Zhuang

[生]永初2(421)
[没]泰始2(466)
中国,六朝時代の宋の詩人。陽夏 (河南省) の人。字,希逸。謝霊運の一族。明帝のとき金紫光禄大夫にいたった。詩文典故を多用する風で,内容の豊富さはないが,『月賦』は自然を主題とした六朝の代表的作品とされる。『謝光禄集』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

謝荘
しゃそう
(421―466)

中国、南朝宋(そう)の文人。字(あざな)は希逸。陳郡陽夏(河南省)の人。父の謝密(字は弘微)は謝霊運と同世代で、「烏衣(うい)の遊び」に参加し、一族の指導者謝混から次代を担う人材と評価された。晋(しん)宋王朝交代期に謝混が政治的判断を誤ったが、謝密はよく傾いた屋台骨を支えた。謝荘は賦(ふ)の大家で、「千里を隔てて明月を共にす」の句で知られる「月賦」が代表作。詩では楚辞(そじ)調の「懐園引」が注目される。しかし一族の衰退を反映して、「宋孝武宣貴妃誄(るい)」には皇帝権力への過剰な媚(こび)がみられる。『謝光禄集』1巻がある。[成瀬哲生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

謝荘の関連キーワード六朝時代河南省

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android