コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少伝宗誾 しょうでん そうぎん

1件 の用語解説(少伝宗誾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

少伝宗誾 しょうでん-そうぎん

?-1541 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。下総(しもうさ)乗国寺(茨城県)の中明栄主(ちゅうみょう-えいしゅ)に師事し,その法をつぐ。のち常陸(ひたち)(茨城県)多宝院の開山(かいさん)となる。天文(てんぶん)10年10月3日死去。美濃(みの)(岐阜県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

少伝宗誾の関連キーワードクルーエ(父子)USENロータス城塞前田慶次雇用促進住宅穴山梅雪尼子経久エルグレコ常呂川羽柴秀長

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone