コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少内記 ショウナイキ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ないき〔セウ‐〕【少内記】

律令制で、内記のうち、下位の官職。→内記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の少内記の言及

【内記】より

…太政官に所属する外記(げき)に対するもので,〈うちのしるすつかさ〉ともいう。大内記・中内記・少内記(定員各2)があり,中務省(なかつかさしよう)に所属し,詔書・勅書の勘造,天皇の動静についての記録,位記(いき)の作成などのことをつかさどる。その相当位は大内記が正六位上,中内記が正七位上,少内記が正八位上であったが,806年(大同1)に中内記を廃止して少内記の相当位を正七位上とし,新たに内記史生(定員4)を置いた。…

※「少内記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

少内記の関連キーワード小野道風(おののとうふう)藤原敏行藤原在衡秋篠安人小野道風三善清行桑原腹赤大江音人坂上是則藤原篤茂菅原道真平田職俊小野恒柯三善為康紀貫之紀夏井紀時文紀友則都腹赤源兼行

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android