コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位記 イキ

デジタル大辞泉の解説

い‐き〔ヰ‐〕【位記】

律令制で、位階を授けられる者に、その旨を書き記して与える文書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

位記【いき】

律令制において位階を授ける時に出す文書。勅授(五位以上),奏授(六位以下),判授(外(げ)八位および内外初位)の3種の位記式がある。《延喜式》にはこのほか神位,僧綱,僧尼等の位記式があげられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いき【位記】

位階を授けるときに発給する公文書。飛鳥浄御原令施行ともない689年(持統3)はじめて発行されたが,このときは冠位と位記を併用した。しかし,大宝令の施行とともに冠位を廃し,位記一本立てとした。以後の冠は五位以上の礼服冠にのみ位階による別を規定したが,日常の勤務には五位以上はみな羅(くりのら)頭巾(黒い羅で作った冠),六位以下は縵(くりのまん)頭巾を着用することとし,服色で位階を区別するにとどめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いき【位記】

律令制において、位階を授けるときに与える文書。告身こくしん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

位記
いき

位階を授与する際の辞令。唐の告身(こくしん)にあたる。浄御原令(きよみはらりょう)(689)より冠にかえて与えた。令制では位記に、勅授(五位、勲六等以上)、奏授(六位、勲七等以下)、判授(外従(げじゅ)八位および内・外初位(そい)以上)の三つの書式がある。勅授の位記は、内記(ないき)が黄紙に書き、太政(だいじょう)大臣、大納言(だいなごん)、中務卿(なかつかさきょう)、式部卿(武官の場合は兵部(ひょうぶ)卿)などが加署したのち、内印(ないいん)(天皇御璽(ぎょじ)の刻印)を押し、勅旨により授けた。奏授、判授の位記は、文官は式部省、武官は兵部省、女官は中務省において白紙に書き、各太政官に送付した。ただし奏授の位記は、太政官より奏聞して授与するが、判授の位記は奏聞せず、太政官がただちに判授した。この両位記にはともに外印(げいん)(太政官印の刻印)を押した。[渡辺直彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

位記の関連キーワードラップチャート武者小路実純海江田信義職位記述書花山院家理後陽成天皇阿倍仲麻呂松本 和千家尊澄山田信道位階勲等中沼葵園矢代女王臨時記号変化記号変化音天璋院松本和式部省本位音

位記の関連情報