コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位記 イキ

5件 の用語解説(位記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い‐き〔ヰ‐〕【位記】

律令制で、位階を授けられる者に、その旨を書き記して与える文書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

位記【いき】

律令制において位階を授ける時に出す文書。勅授(五位以上),奏授(六位以下),判授(外(げ)八位および内外初位)の3種の位記式がある。《延喜式》にはこのほか神位,僧綱,僧尼等の位記式があげられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いき【位記】

位階を授けるときに発給する公文書。飛鳥浄御原令の施行にともない689年(持統3)はじめて発行されたが,このときは冠位と位記を併用した。しかし,大宝令の施行とともに冠位を廃し,位記一本立てとした。以後の冠は五位以上の礼服冠にのみ位階による別を規定したが,日常の勤務には五位以上はみな羅(くりのら)頭巾(黒い羅で作った冠),六位以下は縵(くりのまん)頭巾を着用することとし,服色で位階を区別するにとどめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いき【位記】

律令制において、位階を授けるときに与える文書。告身こくしん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

位記
いき

位階を授与する際の辞令。唐の告身(こくしん)にあたる。浄御原令(きよみはらりょう)(689)より冠にかえて与えた。令制では位記に、勅授(五位、勲六等以上)、奏授(六位、勲七等以下)、判授(外従(げじゅ)八位および内・外初位(そい)以上)の三つの書式がある。勅授の位記は、内記(ないき)が黄紙に書き、太政(だいじょう)大臣、大納言(だいなごん)、中務卿(なかつかさきょう)、式部卿(武官の場合は兵部(ひょうぶ)卿)などが加署したのち、内印(ないいん)(天皇御璽(ぎょじ)の刻印)を押し、勅旨により授けた。奏授、判授の位記は、文官は式部省、武官は兵部省、女官は中務省において白紙に書き、各太政官に送付した。ただし奏授の位記は、太政官より奏聞して授与するが、判授の位記は奏聞せず、太政官がただちに判授した。この両位記にはともに外印(げいん)(太政官印の刻印)を押した。[渡辺直彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

位記の関連キーワード御璽叙位叙任叙法奏授追叙女叙位昇叙売位虚偽有印公文書作成罪と有印公文書偽造罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

位記の関連情報