少国民・小国民(読み)しょうこくみん

精選版 日本国語大辞典「少国民・小国民」の解説

しょう‐こくみん セウ‥【少国民・小国民】

〘名〙
① 年少の国民。次の時代をになう少年や少女。
最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一八「ヤンチャと称する少国民(セウコクミン)巴御前
② (小国民) 器量の小さい国民。小人物の国民。
戦後文学(1895)〈内田魯庵〉「(みだり)祝捷に酔ふて敵国の怯を説くは沾々(てんてん)たる小国民(セウコクミン)の鄙情たるに過ぎず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android