少国民・小国民(読み)しょうこくみん

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐こくみん セウ‥【少国民・小国民】

〘名〙
① 年少の国民。次の時代をになう少年や少女。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一八「ヤンチャと称する少国民(セウコクミン)の巴御前」
② (小国民) 器量の小さい国民。小人物の国民。
※戦後の文学(1895)〈内田魯庵〉「漫(みだり)に祝捷に酔ふて敵国の怯を説くは沾々(てんてん)たる小国民(セウコクミン)の鄙情たるに過ぎず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android