コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少子部蜾蠃 ちいさこべの すがる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

少子部蜾蠃 ちいさこべの-すがる

日本書紀」にみえる豪族
雄略天皇6年皇后に養蚕をすすめるため蚕(こ)をあつめるよう天皇に命じられたが,あやまって児(こ)(乳児)をあつめて献上したので,その養育を命じられ,少子部連の氏姓をあたえられた。7年天皇の命で三輪山の神を捕らえたところ大蛇の姿をした雷神であったという。氏は小子部,名は栖軽ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちいさこべのすがる【少子部蜾蠃】

雄略天皇に近侍したと伝えられる人物。小子部栖軽とも記す。少子部連むらじの祖先。雄略天皇が養蚕振興のため、蚕を集めるよう命じたところ、意味を取り違えて嬰児を集めてしまい、その養育を命ぜられ、少子部連の姓を賜ったという説話(「日本書紀」「新撰姓氏録」)や、雷を捕らえたという説話(「日本書紀」「日本霊異記」)で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

少子部蜾蠃の関連キーワード小子部栖軽新撰姓氏録雄略天皇説話