コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少納言局 ショウナゴンキョク

3件 の用語解説(少納言局の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうなごん‐きょく〔セウナゴン‐〕【少納言局】

律令制で、少納言外記(げき)とともに構成した太政官内の事務局。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

少納言局 しょうなごんのつぼね

?-? 江戸時代中期の女官。
霊元天皇につかえ,正徳(しょうとく)5年(1715)栄貞(ひでさだ)親王(尊胤(そんいん)入道親王)を生む。天皇の死後,出家して聚光院と号した。姓は松室。名は仲子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうなごんきょく【少納言局】

律令制で、太政だいじよう官に属する三局の一。少納言以下が出仕し、詔勅・宣旨などの清書のほか、諸儀式・除目じもく・叙位などをつかさどった。外記局。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の少納言局の言及

【太政官】より

…神祇官は,官庁の名称は同じ〈官〉であるが,これも統轄下に置かれていた。その組織は,議政官組織,少納言局,左右の弁官局の三つからなる。 (1)議政官組織を構成する官職は太政大臣(定員1,ただし本来は具体的な職掌をもたない天子輔導の官),左大臣・右大臣(各定員1),大納言(定員4,のち2となる)だが,8世紀はじめに令外官(りようげのかん)の中納言(定員3)と参議(はじめ定員なし,9世紀から8となる)が加わり,平安時代にさらに内大臣が加わった。…

※「少納言局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone