尚巴志王(読み)しょうはしおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尚巴志王 しょうはしおう

1372-1439 琉球の国王。第一尚氏王統第2代。在位1422-39。
察度(さっと)王23年生まれ。尚思紹王の長男。中山(ちゅうざん)の武寧王を討って父を王位につけ,ついで山北,山南を攻略して琉球を統一。首里(しゅり)城を王都とし,明(みん)(中国)のほか日本,朝鮮などとの貿易をすすめた。尚巴志王18年4月20日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android