コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚質王 しょうしつおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尚質王 しょうしつおう

1629-1668 琉球の国王。第二尚氏王統第10代。在位1648-68。
尚豊王9年8月15日生まれ。尚豊王の4男。尚賢王の弟。向象賢(しょう-じょうけん)を登用し,薩摩(さつま)との融和と殖産興業につとめ,琉球最初の正史「中山世鑑」をつくらせた。尚質王21年11月17日死去。40歳。童名(わらびなー)は思徳金(うみとくがに)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尚質王の関連キーワード徳叟宗智識名盛命南陽紹弘呉師虔程順則尚貞王尚豊王尚純尚亨

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android