コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚質王 しょうしつおう

1件 の用語解説(尚質王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尚質王 しょうしつおう

1629-1668 琉球の国王。第二尚氏王統第10代。在位1648-68。
尚豊王9年8月15日生まれ。尚豊王の4男。尚賢王の弟。向象賢(しょう-じょうけん)を登用し,薩摩(さつま)との融和と殖産興業につとめ,琉球最初の正史「中山世鑑」をつくらせた。尚質王21年11月17日死去。40歳。童名(わらびなー)は思徳金(うみとくがに)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尚質王の関連キーワードオニビシ吉原(遊廓)明正天皇女歌舞伎逸然元政守銭奴文字銭八百屋お七夕張岳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone