コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尭然入道親王 ぎょうねんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尭然入道親王 ぎょうねんにゅうどうしんのう

1602-1661 江戸時代前期,後陽成(ごようぜい)天皇の第6皇子。
慶長7年10月3日生まれ。母は持明院基子(じみょういん-もとこ)。京都の妙法院にはいって12歳で親王となり,15歳で出家。寛永17年以降,3度天台座主(ざす)をつとめる。書画,和歌などをよくし,茶の湯は片桐石州から石州流の奥義をさずけられた。寛文元年閏(うるう)8月22日死去。60歳。幼称は六宮(ろくのみや)。俗名は常嘉(つねよし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尭然入道親王

没年:寛文1.閏8.22(1661.10.15)
生年:慶長7.10.3(1602.11.16)
江戸前期の天台宗の僧で,妙法院第33世。後陽成天皇の第6子。母は持明院基孝の娘孝子。幼名六宮。諱は常嘉。慶長8(1603)年に常胤法親王の資として妙法院に入室。同18年親王宣下。元和2(1616)年12月に得度し,同9年二品に叙せられ,天海から灌頂を受けた。江戸で東照宮の十三回忌,十七回忌,二十一回忌法要の導師を勤め,宮中では五大尊行法や北斗尊星王法を修した。寛永17(1640)年,正保2(1645)年,承応2(1653)年と3度天台座主を勤めた。能書として知られ,江戸の護持院,山王権現の額を染筆。幕府御用絵師の狩野探幽とも親しく,花鳥・山水画を残し,茶の湯,和歌,香にも秀でた文化人であった。<参考文献>『諸門跡譜』『天台座主記』『妙法院在住親王伝』,洞院満季選『本朝皇胤紹運録』

(岡佳子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

尭然入道親王 (ぎょうねんにゅうどうしんのう)

生年月日:1602年10月3日
江戸時代前期の僧
1661年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android