コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼子道竹 あまこ どうちく

1件 の用語解説(尼子道竹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尼子道竹 あまこ-どうちく

1658-1724 江戸時代前期-中期の医師。
万治(まんじ)元年生まれ。医学を独学し,徳島で開業したのち安芸(あき)広島藩医となる。宝永4年麻疹(はしか)流行のおり,その予防・治療法を説き,「麻疹類要」をあらわした。詩文をよくし,木下順庵,室鳩巣(むろ-きゅうそう)らとまじわった。享保(きょうほう)9年8月6日死去。67歳。字(あざな)は信久。号は石筍。著作はほかに「本草能毒」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尼子道竹の関連キーワードフェリペフェリペ[5世]近松門左衛門細井広沢前田綱紀アウラングゼーブ伊藤出羽掾小野善助(初代)山村松庵渡辺銅意

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone