コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼子道竹 あまこ どうちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尼子道竹 あまこ-どうちく

1658-1724 江戸時代前期-中期の医師。
万治(まんじ)元年生まれ。医学を独学し,徳島で開業したのち安芸(あき)広島藩医となる。宝永4年麻疹(はしか)流行のおり,その予防・治療法を説き,「麻疹類要」をあらわした。詩文をよくし,木下順庵,室鳩巣(むろ-きゅうそう)らとまじわった。享保(きょうほう)9年8月6日死去。67歳。字(あざな)は信久。号は石筍。著作はほかに「本草能毒」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尼子道竹の関連キーワード万治

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android