尾上松助(3代)(読み)おのえ まつすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上松助(3代) おのえ-まつすけ

1805-1851 江戸時代後期の歌舞伎役者。
文化2年生まれ。2代尾上松助(3代尾上菊五郎)の長男。文化9年2代尾上栄三郎を襲名。11年父が3代梅幸を名のったため,江戸中村座で3代松助を襲名した。立役(たちやく)をつとめた。嘉永(かえい)4年7月2日死去。47歳。江戸出身。初名は尾上朝太郎。後名は大川三朝。俳名は三朝。屋号音羽屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android