コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎翠(読み)おざき みどり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎翠 おざき-みどり

1896-1971 大正-昭和時代前期の小説家。
明治29年12月20日生まれ。日本女子大在学中の大正9年「新潮」に「無風帯から」を発表。翌年同大を中退し,文学に専念。昭和8年「第七官界彷徨(ほうこう)」を出版し注目されたが,神経をやんで創作活動はとだえた。昭和46年7月8日死去。74歳。鳥取県出身。
【格言など】第七官というのは,二つ以上の感覚がかさなってよびおこすこの哀感ではないか(「第七官界彷徨」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾崎翠の関連情報