コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾状核 びじょうかくcaudate nucleus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾状核
びじょうかく
caudate nucleus

大脳にある基底核の一つ。脳の発達とともに尾方下方に細長く伸びて,全体として「つ」の字形に湾曲し,側脳室の底および外壁の一部をなす。その前端は膨大部で尾状核頭と呼ばれ,それよりうしろは細くなって尾状核尾と呼ばれる。大脳基底核大脳皮質の発達の悪い鳥類や爬虫類では皮質運動野としての機能はするが,ヒトでは明白に現れない。尾状核を刺激すると視床を経由して皮質運動野に抑制がかかり,伸展反射が抑制される。ヒトではおそらく運動系の律動的衝撃の発生を抑制し,伸展反射の調節にあずかるといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の尾状核の言及

【大脳基底核】より

…尾状核,被殻,淡蒼球,扁桃体,前障の総称名。大脳の灰白質は表層の大脳皮質と深部の大脳基底核とに大別される。…

※「尾状核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾状核の関連キーワード脳、脊髄、神経のしくみとはたらき脳出血(脳溢血)錐体外路症候群ハンチントン病中枢神経系ドーパミン大脳半球平衡障害錐体外路線条体大脳内包

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android