尾長鮫(読み)オナガザメ

デジタル大辞泉の解説

おなが‐ざめ〔をなが‐〕【尾長×鮫】

ネズミザメ目オナガザメ科の海水魚の総称。日本近海に、深海性のハチワレ、表層性のマオナガ・ニタリの3種がある。ニタリは全長約4メートル、他は6メートルに達し、いずれも尾が長く、全長の約半分を占める。卵胎生で、子は母胎内で他の卵を食べる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おながざめ【尾長鮫】

ネズミザメ目オナガザメ科の海魚の総称。全長約4~6メートル。尾びれが著しく長い。オナガザメ・ニタリ・ハチワレの三種がある。
の一種。全長6メートル 内外。尾が長く全長の2分の1以上もある。この尾で海面をたたき、泳ぎの輪を縮めて追い集めた小魚を食べるという。卵胎生。かまぼこの原料とする。本州中部以南に分布。マオナガ。ネズミブカ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

尾長鮫 (オナガザメ)

動物。オナガザメ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android