尾長鴨(読み)オナガガモ

大辞林 第三版の解説

おなががも【尾長鴨】

カモ目カモ科の水鳥。全長70センチメートル 内外。雄の尾羽は長く先がとがる。雄は胸が白く、顔は茶色で胸より白線がのびる。雌は褐色。広くユーラシア・北アメリカ北部で繁殖し、日本には冬鳥として多数渡来。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おなが‐がも をなが‥【尾長鴨】

〘名〙 カモ科の水鳥。雄は全長約七五センチメートル、雌は約五三センチメートル。頭は褐色でくびから下は白色。背は一面白黒の細かい横縞で、黒い尾羽の中央の二枚が長くとがっている。雌は褐色に黒斑があり、尾も短い。首が長く、逆立ちして水底の水草や水棲昆虫を食べる。北半球北部で繁殖し、日本には初冬に湖沼などに群れをなして渡来する。《季・冬》 〔本朝食鑑(1697)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android