コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居す コス

デジタル大辞泉の解説

こ・す【居す】

[動サ変]ある場所や地位などにいる。きょす。
「執事の職に―・して天下を掌(たなごころ)に握りしかば」〈太平記・三七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょす【居す】

( 動サ変 )
住む。居る。 「川尻肥後守幸俊が館たちに-・し給ふ処に/太平記 28
地位・官職につく。 「大樹の位に-・して/太平記 12
平伏する。 「弓箭帯したる二人出来たりて-・す/今昔 23

こす【居す】

( 動サ変 )
ある場所・地位にいる。 「栄耀門戸に余るのみならず、執事の職に-・して/太平記 37

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

居すの関連キーワードボウナン(保安)族シェアハウスの恋人パラサイトシングルユーグ(裕固)族ピンクのカーテン見做し仮設住宅天之御中主神新阪急ビルたなごころ一夫多妻婚小早川秀秋村瀬佐助複合家族直系家族拡大家族引っ越す庭訓往来座が長い花園天皇佐竹義重

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

居すの関連情報