コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安住 アンジュウ

デジタル大辞泉の解説

あん‐じゅう〔‐ヂユウ〕【安住】

[名](スル)
何の心配もなく落ち着いて住むこと。「安住の地」「郷里に安住する」
それ以上を望まず、現にある境遇に満足していること。「現在の地位に安住する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんじゅう【安住】

( 名 ) スル
安心し落ち着いて住むこと。 「 -の地」
ある地位や状態に満足してしまうこと。 「小市民的生活に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

安住の関連キーワード栃木県塩谷郡高根沢町上高根沢孔席暖まらず墨突黔まずジャン デュトゥールドークマイ・ソット女三界に家なしヒュペーリオン腰を落ち着ける安住 伊三郎北日本新聞社八郎太郎伝説ノマディスム三界に家なし安住伊三郎佐々木聡美成瀬桜桃子稲垣きくの加倉井秋を鈴木真砂女置戸(町)美濃岡洋子

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安住の関連情報